[サイバーショットDSC-T200]レビューのまとめ

サイバーショットDSC-T200

サイバーショットDSC-T200をお借りしてから約1ヶ月。そろそろ返却期限が迫ってきたので、ここらでレビューをまとめてみたいと思います。ダラダラ説明するのもあれなので結論を先に。
サイバーショットT200、いいカメラです!


iconicon
サイバーショットDSC-T200icon

拡大鏡モードがスゴい

サイバーショットDSC-T200の接写モード
私は人の顔よりモノを撮ることが多いレビューブロガー。そんなこともあり、「拡大鏡モード」に注目していました。で、その機能を試すために米に文字を書いて撮るなんてことをしてみたわけですが、そりゃもうビックリ。ただの接写じゃないんですよねぇ。

拡大鏡モードで奥行きある写真に
小さいものを撮る以外にも右のような感じで背景を考えながら撮ると、すっごく奥行きのある写真が撮れちゃいます。これまで他のコンパクトデジカメで似たような写真をたくさん撮影してきましたが、ここまで奥行きのある写真はありませんでした。やっぱ拡大鏡モード、スゴいです。

スマイルシャッターが楽しい

サイバーショットDSC-T200のスマイルシャッター
そしてサイバーショットT200最大のウリとも言えるスマイルシャッター機能。正直、当初は全く期待してなかったんですが、これが超楽しい!スマイルシャッターを試すために「笑って笑って!」と子供に声をかける私も笑っちゃうんですよ。

夜の撮影では笑いながら動く被写体がブレちゃったりもしましたが(暗いところで撮影するとこうなっちゃう)、明るいところなら右の写真の通り動いている子供の笑顔もバッチリ。楽しいのに加えて、かなり実用的なことが分かりました。

その他の機能もポイント高い

サイバーショットDSC-T200の機能
そして、あまり目立たない?機能も結構ポイント高いです。うちのブログでは「ペイント」という機能を試してみましたが、その他にもカメラ上で写真を加工(放射状とか魚眼レンズ風とか周りをボカすとか、いろいろあります)でき、これを使うと同じ写真でも雰囲気を変えることができたりします。

ただ撮るだけじゃない!というのがサイバーショットのいいところ。しかし、ただ撮るだけでも相当いい感じ。この辺は他の方々のレビューを参考にしていただければと思いますが、普通だと画像が荒れがちになってしまう5倍ズームでもキレイに撮影できたり、手振れ補正がついていたり、様々なシーンで活用できそうです。

写真を撮るのが楽しくなるコンパクトデジカメ

先に書いたとおり、私は「モノを撮る」ことが多く、そのため、このカメラも「モノを撮る」という視点で見てました。しかし、スマイルシャッター機能で「人を撮る」というのがすっごく楽しく感じられました。

iconicon
サイバーショットDSC-T200icon

スタイリッシュでコンパクトなボディーだから「カメラを持つ」ということ自体もカッコよく見えてしまうカメラ。そして接写からズームまで広範囲の写真を撮ることができ、スマイルシャッターやペイント機能でカメラで遊ぶこともできちゃうサイバーショットDSC-T200。

次にコンパクトデジカメを買うときはこれ、選んじゃうカモです。