LUMIX LX3に自動開閉式レンズキャップ(リコーLC-1)を装着

パナソニックのハイエンドデジカメ「LUMIX LX3」に、リコーの「LC-1」という自動開閉式のレンズキャップを装着できることはかなーり有名な話。いつぞや、知人がLX3にLC-1を装着してて「いいなー」と思っていたんですが、なんかめんどくさくて手動着脱式のデフォルトレンズキャップのままになっていました。


が、先日、かん吉さんもLUMIX LX3にLC-1レンズキャップを装着したとのこと。

パナソニックLX3に、レンズキャップ(リコーLC-1)装着してみた
私も情報を元にリコーのLC-1を装着してみましたよ。

この記事がすっごく分かりやすかったので、さっそくLC-1を取り寄せて装着させてみました。

レンズキャップLC-1と水道パッキン 水道パッキンを塗装

かん吉さんのブログを参考に、「TOTO THY91506」という水道用のパッキンを用意。それを黒のつや消しスプレーで塗装しました。たしかに質感がすっごくいい感じ。

続いてLUMIX LX3のキャップとその止め具?を外し、そこに塗装した水道用パッキンを両面テープで貼りつけます。これをしないと、望遠したときにレンズキャップが映り込み、写真の周囲に影ができちゃうので、必ず装着しなきゃいけません。

LUMIX LX3にパッキン装着

で、装着したところ、これが気持ちイイくらいピッタリのサイズ。ホント、最初に発見した人を尊敬しちゃいます。

レンズキャップLC1の爪を削る

続いてレンズキャップの加工。LC-1の爪部分を、LX3のネジ山のヘコミに合うように削ります。一気に削って失敗するのもアレなので、ちょっと削っては合わせる、というのを繰り返した結果、ややキツメながらも「パチン」とはめ込むことができました☆

最初はLC-1をネジ式に取り付けるのかと思ってたんですが、邪魔な部分を削ってはめ込む感じ。いくらレンズキャップを回してもハマりませんのでご注意を。(何度も回した人>私)

で、LC-1を装着したのがこの写真。

LUMIX LX3にLC-1を装着

どんな感じでレンズが出入するのか、動画を撮ってみました。

これまで手で付けたり外したりしてたレンズキャップが、自動で開閉するように。すっごく手間が省けます。

レンズキャップを加工する必要はありますが、そんなに難しい作業ではないですし、レンズキャップLC-1も1,500円くらいで買えちゃうので、ぜひぜひお試しあれ。めんどくさがってるようならその時間、もったいないですよん♪(って、人のこと言えないw)