iPhoneの節電がiOS7のコントロールセンターでより手軽に

節電対策のおかげで心に余裕ができますw、うかです、こんにちわ。

徐々に持ちは良くなってきているとは言え、やっぱり減りが早いiPhoneの電池ですが、iOS7から超便利になったコントロールセンターで、手軽に節電することができます。

iOS7のコントロールセンター

電波を探すのに電池を食う

iPhoneの節電対策としては、アプリの通知や位置情報取得を切るってのが一般的かと思うんですが、それ以上に効果があるのは「通信を切ること」です。

iPhoneが3GなりWi-Fiなりの電波を探すときに、かなり電池を食っているようで、ずーっと圏外が続く上越新幹線の中なんかは、外にいるとき以上に減りが早い気がします。

かといって、その都度電源OFFなんてめんどくさくてやってられないんですが、iOS7から便利になったコントロールセンターでは、画面を上にスワイプするだけで、手軽に通信のON/OFFができます。

(1) Bluetoothを切る

無線で他の機器と接続するためのBluetoothですが、iPhoneでこれを使うのは、外付けのキーボードか、Bluetooth対応のヘッドホンを繋ぐとき程度かと。

普段、あまりにも使わなさ過ぎてそれくらいしか思いつかないんですが、それだけ使ってなくても電池は食うわけですんで、ここは基本OFFにしとくのが吉。

上のコントロールセンター画面を見ていただいて、上部に5つならんだアイコンの真ん中がBluetoothのON/OFFスイッチです。

(2) 機内モードで全ての通信を切る

一番左にある飛行機のアイコンが、機内モードへの切り替えスイッチ。これをONにすると、電話、3G、Wi-Fi、Bluetooth、全ての通信が切断されます。

iPhoneが電波を探しに行くことがなくなるので、電池をすっごく節約できます。私の体験談は次の記事でどうぞ。

ただ一点困るのが、電話も受けられなくなるということかと。

でも、車の運転中、長いトンネルの中、圏外になっちゃう山の中など(←田舎じゃ結構あるw)最初から電話が受けられない時や、会議中とか映画館の中とか、電話がかかってきちゃ困るような場面もありますんで、そういうタイミングで使うのがベターかと思います。

(3) Wi-Fiを切る

上の画像の左から2番目が、Wi-FiのON/OFFスイッチです。

お店の中ではフリーのWi-Fi電波を飛ばしてくれてるところが結構ありますが、大都会でもなければ仕事場や町中でWi-Fiを拾うことは稀かと。

また、LTEの登場で通信速度が格段に早くなった最近では、あえてWi-Fiに繋がなくても、3GやLTE接続で十分使えたりしますんで、Wi-Fiを拾いに行く無駄な電波を節約すべく、状況に応じてOFFにしちゃいましょう。

私は、家を出るとWi-Fi接続できる場所がほとんどないようなところに住んでるので、外出時は基本OFF、帰宅してON、みたいな使い方をしてます。

(4) 電話と3G/LTEだけを切る

電話も3G/LTE回線も使わずに、Wi-Fiに繋ぐ通信機器としてiPhoneを使う場合、一旦機内モードで全ての通信を切り、その後にWi-FiをONにすることで、電話と3G/LTEは切断、Wi-Fiだけ生かすという設定ができます。

私は今、ガラケーとiPhoneの2台持ちをしておりまして、iPhoneは単にネットに繋ぐための通信機器でしかありません。なので、電話が受けられなくても全然困らないので、家の中で使うときは、Wi-Fiだけを生かして使ってます。

もうちょっとでau iPhone5sの1台持ちになるので、この方法で節電する機会は減ってくると思うんですが、「こーゆーこともできますよ」とゆーことで。

便利になったコントロールセンターで手軽に節電

これまではiPhoneの「設定」を開かないと、上記のON/OFFができませんでしたが、上でも書いたように、画面を上にスワイプ+ボタンをタップするだけで、各種通信のON/OFFができるようになり、これまで以上に手軽に節電対策を取ることができるようになりました。

普段からモバイルバッテリーを持ち歩いてる方は、あまり気にせず使ってもよろしいかと思いますが、私みたいに手ブラで会社に行くような方は、ちょっと節電するだけで、電池残量が大分変わると思いますんで、ぜひお試しいただければと思います。はい。