iPhone5s/cの通信速度、全国レベルではauが優位、地方部ではダントツか?

au iPhone5sに機種変予定、うかです、こんにちわ。

新しいiPhoneが発売されるたびに話題に上るキャリアごとの通信速度比較ですが、全国レベルで見るとauが優位!という記事があったのでご紹介。

iPhone by au

RBB Todayのこの記事、全国を計測値とした約56,000件のデータから分析した結果が書かれてまして、「記者がiPhone持って山手線一周してきましたー♪」というものよりも信憑性がありますねー。

ということで、この分析結果を細かく見ていきたいと思います。(詳細データは、上記リンク先をご覧ください。)

全国で見ると、au>ソフトバンク>ドコモ

全国で見た場合の、(1)LTEの接続率、(2)通信に不満はなさそうな8Mbps以上の速度が出た率、(3)平均速度をまとめると、こうなります。

ドコモ au ソフトバンク
(1)LTE接続率 85.2% 91.1% 83.0%
(2)8Mbps以上率 68.3% 89.3% 77.5%
(3)平均速度 15.3Mbps 21.1Mbps 18.8Mbps

えーっと、山手線沿線はソフトバンクがNo.1でしたっけ?w

全国56,000件のデータから出てきた結果は、auが優位。

ソフトバンクは速度ではドコモに勝るものの、LTEの接続率(3G接続ではない率)では僅かながらドコモが上、という結果に。

関東では、au>ソフトバンク>ドコモ

同じデータを、関東圏だけに絞ってみると、こうなります。

ドコモ au ソフトバンク
(1)LTE接続率 83.4% 91.8% 84.0%
(2)8Mbps以上率 58.5% 87.6% 76.7%
(3)平均速度 12.8Mbps 20.0Mbps 18.2Mbps

関東だけで見てもau優位は変わらず。

ドコモとソフトバンクは、LTE接続率でほぼ同等な一方、速度ではソフトバンクがドコモを圧倒。ドコモはLTEに接続できる場所が6割弱と、予想以上にLTEが繋がってない感じですねー。

地方部で見ると、au>ドコモ>ソフトバンク

さ、ここが肝心なところ。地方部ではどうか。

私が住む新潟県柏崎市と似たような、「地方」というイメージのある、東北と中四国(住んでる方、さーせん!w)に絞ってデータを集計するとこうなります。

ドコモ au ソフトバンク
(1)LTE接続率 85.8% 90.3% 75.3%
(2)8Mbps以上率 81.0% 92.1% 65.7%
(3)平均速度 17.9Mbps 22.8Mbps 14.6Mbps

勝手に「地方」と決めつけた東北と中四国の平均の平均なんですが、ここでもauがダントツに優位。関東地区と同等の接続率、速度ってのが地方人にとって嬉しいですなー。

一方、関東ではソフトバンクが若干優位だったところ、地方部では立場が逆転、ドコモが2番手に浮上です。

山手線延々では繋がるし速いし、というソフトバンクだったんですが、東北+中四国ではダントツの3番手。

私は今のところ、3Gしか使ってないソフトバンクユーザーなんですが、この結果、なんとなく分かります。そんな感じがします。3Gだけど。

auの800MHz帯LTEがスゴそう

iPhone5s/c発売後、auは800Mhz帯のプラチナバンドLTEを押しまくってるわけですが、ここまで良い影響があるとは。

ソフトバンクは、予想通りと言いますか、東京の方はありだと思いますけど、地方在住の人間としては…どうでしょうね、私はソフトバンクを捨ててauに乗り換えるんですけど。どうなんでしょう。

今回最大の目玉であるドコモは、都市部も地方部もほどほどな雰囲気。ユーザー数が多いので必然的にこういう結果になっちゃうのかもしれませんが、auからドコモに乗り換えるか!という気にはなれませんねー。

とゆーことで、auのプラチナバンドLTEが想像以上に使えそうな感じのこのデータ。

どう見るかは、あなた次第です。(au iPhone5sを予約済みの私はホックホクw)

*

iPhone5s/cの通信速度に関して、こんな記事も書いてます。