ムーディー勝山「右から来たものを左へ受け流すの歌」

あるある大事典が打ち切りとなり、穴が空いてしまったフジテレビ日曜9時の枠。昨日はお笑い芸人のネタ見せ番組が放送されてました。


若手から中堅どころまで、クスリとも笑えなかったものから後になって笑いがこみ上げてくるものまでアレヤコレヤのお笑いオンパレードだったわけですが、今もっとも気になる男が出演してました。

その男とは、この記事のタイトルにあるとおり「ムーディー勝山」。ひょこっと出てきてムーディーで気になる歌を歌い去っていくという、ハマる人にはハマる芸人さんです。

で、そのムーディー勝山が歌うのが「右から来たものを左へ受け流すの歌」。この歌は「右から何かがやってきて、それを左に受け流す」という内容(そのまんま^^;)なんですが、何が右からやってきたのか、超気になります。

アンコールで歌った「上から下へ落ちてくるものをただただ見ている男の歌」は、「右から来たものを左へ受け流すの歌」のすぐ後で聞いたのでパンチがなくマイナスポイント。でも何が上から落ちてきたのかは気になるところです。

このムーディー勝山、「右から来たものを左へ受け流すの歌」、「上から下へ落ちてくるものをただただ見ている男の歌」の他にも「数字の6に数字の5を足しましたの歌」、「2日前から後頭部に違和感を感じている歌」、「ただきのこのことを歌った歌」などを歌っている模様。おそらくいずれも「何か」が気になる歌なんでしょう。(それにしても、ムーディー勝山をもカバーしているWikipediaってすげー^^;)