新潟ソーシャルメディアクラブ第8回参加レポート #nsmc

しっかりマキコマれてきたぜー!うかです、こんにちわ。

昨日10月29日、新潟市内で新潟ソーシャルメディアクラブ(NSMC)の第8回イベントがありました。今回は一部・二部・三部という構成だったんですが、最初から最後までびっしり参加してきたので、その様子をレポートします。

ゲストは「マキコミの技術」のお二人

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第一部 (11)

著名な方をお招きしてお話を伺うというのが恒例化してきているNSMC。今回のゲストは「マキコミの技術」などの共著で有名…というよりも、「ネタフル」「みたいもん!」の中の人、コグレマサトさんといしたにまさきさん。

日本で何本かの指に入るであろう有名ブロガーのお二人、私もこうしてブログを書いているということで、どんなお話が聞けるか非常に楽しみにしておりました。

▲ 目次に戻る

「マキコミ」の仕組みが分かった!

著書にちなんで「マキコミ」をテーマにお二人の経験なども交えつつお話していただいたんですが、衝撃だったのがお話の中で紹介されたこの動画。

1人で裸踊りをする男を追従する1人のフォロワーが現れ、そのフォロワーが2人になり3人になり…最後は集団になっていく様子ですが、これがまさに「マキコミ」の仕組みなのだそう。

新潟ソーシャルメディアクラブも、新潟駅前で一人ポーケンを持って立っていた「1人目のバカ」が現れ、それをフォローする人が出てきてNSMCという集団になっていったと。

それに参加している私は「1人目のバカ」をフォローしている集団をフォローし、既にマキコまれていた、ということなんですねー。(ここで言う「バカ」は良い意味でとってくださいw)

▲ 目次に戻る

マキコミだけじゃなく「マキコマレ」も重要

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第一部 (12)

そして、私の頭に非常に強く残ったのが「巻き込まれることも重要だ」ということ。

確かに、自分は一切巻き込まれようとせず我が道を行くだけの「1人目のバカ」だと、やってることに興味が持ててもなかなかフォローしたいと思えませんよね。

自らも何かに巻き込まれてコミュニケーションが取れるような「1人目のバカ」なら、こちら側も「お!面白いことやってるね!」という気持ちが素直に出せてフォロワーになりやすそう。

こういうお話を聞くと、「よし!俺も何かマキコんでやるぜ!」と思ってしまいがちなんですが、ただ巻き込もうとするだけでなく、自らも巻き込まれるコミュニケーション能力や協調性といった部分も重要なんだろうなーと感じました。

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第一部 (18)

別の話題の際、「ブログのコメントがなかなかつかない人は、自分で他のブログにコメントを残さない」というお話が出てきました。

これ、まさに「マキコミ/マキコマレ」の関係ですよね。自分がブログを書いて閲覧者を巻き込みたいと考えても、他の人のブログにコメントを残さない運営者のブログにはあえてコメントしたくない、と。

事前に「マキコミの技術」を読み予習していったんですが、いやはや、ホントお話を聞けてよかったと思いました。

▲ 目次に戻る

「フロー」のツイッター、「ストック」のブログ

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第一部 (16)

NSMCでは「マキコミ・マキコマレ」以外に「ブログが重要になってきた」というお話も。Twitter、Facebookなどのソーシャルメディア全盛のこの時代、ブログの存在意義が薄れていると考える方も少なくないと思うんですが、逆に重要性は増しているようです。

例えばTwitter。タイムラインにフォロワーのつぶやきが刻々と流れていくわけですが、流れていくものは頭に残らない。昨日書いたツイートの内容は忘れちゃう。一方のブログは自らアウトプットしていく情報がストックされていくとのこと。

なんだかんだで6年ブログを書いている私、これは非常に共感するところでして、ブログに書いたことは後になって検索されたりする「ストック」と、長文を書いたことによって脳内に記憶が残る「ストック」、この2つを感じています。(ま、ブログも実は「フロー」だったりするんですけどね。それはまた別の機会に)

▲ 目次に戻る

ブログ書こうぜー

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第一部 (15)

さて、そんな「ブログ重要だよー」というお話の途中、ゲストのお二人から「ブログ書いている人はどのくらいいますか?」という質問がありました。すると、ブログサービスのアカウントは持っているという人は結構いたものの、ちゃんと更新している人となるとその数もまばらに。

ブログを書くことで、自分がしたこと・見たこと・聞いたこと・感じたことが整理され、ただツイートするだけに比べると、記憶の残り方が違います。また、その記事のテーマについてより深く考えることになり、新たな感じ方をすることができるかもしれません。

ま、ブログではなくFacebookのノートでもいいんですが、NSMC参加者のみなさん、ぜひ「今回のNSMCに参加して思ったこと」を書いてみてはいかがでしょうか。

▲ 目次に戻る

NSMC第二部は「いつものユルイ感じ」で

と、この記事だけではどうも書ききれそうにないくらい、いろんなことがタメになった第一部。飲食なしでしたが、非常に有意義なものでした。

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第二部 (15)

が、「昼から飲む」というのもNSMCの楽しみのひとつ!ということで、第二部は場所を変えユルイ感じのいつもの雰囲気で会が進められました。

「昼から飲む」というとどうもイケナイことをしてるような気にもなってくるんですがw、引っ込み思案の方が多い新潟、酒の力を借りて一気に交流が進みます。

こういう雰囲気の中でコミュニケーションを取ることでTwitterなりFacebookなりがそれまでよりも一層楽しくなってくる。今私が楽しくソーシャルメディアを使えているのは、まさにこれのおかげだったりします。

▲ 目次に戻る

いつもの「網元」で第三部

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第三部 (5)

そしてさらに場所を変え、NSMCの聖地「網元」で第三部という名の二次会。コグレさん、いしたにさんも参加していただき、第二部から人数も減っていることもありより密度の高い交流を楽しむことができました^^

▲ 目次に戻る

+++++

と、こんな感じだった新潟ソーシャルメディアクラブの第8回イベント、雰囲気は伝わりましたでしょうか?

新潟では数少ないネット関係のイベント、興味が湧いたらぜひ参加してみてください。ホント、ソーシャルメディアが楽しくなりますよ!

参加者のブログ記事&関連リンク

参加者のブログ記事など

関連リンク

▲ 目次に戻る