新潟ソーシャルメディアクラブの大きな魅力のひとつ・「ユルさ」について #nsmc

NSMCには過去5回参加、うかです、こんにちわ。

新潟には、ツイッターやFacebookなどを使ってる人たちが集まってワイワイやる「新潟ソーシャルメディアクラブ(通称NSMC」というイベントがあります。

第8回新潟ソーシャルメディアクラブ第二部 (15)
第8回新潟ソーシャルメディアクラブのヒトコマ

5月19日、その第10回目となるイベントが新潟市内で開催されるんですが、その告知記事を書かれた主催の@shinyaiさんが、こんなツイートをされてました。

うーん、1回出れば全然気を使うようなイベントではないってのは分かるんだけど、確かに初めて出てみようかどうしようか…という段階では、ちょっと敷居が高く感じられてしまうかもしれません。(私もそうだったしw)

ちょっとお堅く感じる「ソーシャルメディア」「アーリーアダプター」という言葉

はて、なんで敷居が高く感じちゃうんだろう?と考えた時に、最初に思い浮かんだのは「ソーシャルメディア」「アーリーアダプター」という言葉でした。

ソーシャルメディアとは
Web上で提供されるサービスのうち、ユーザーの積極的な参加によって成り立ち、ユーザー間のコミュニケーションをサービスの主要価値として提供するサービスの総称(出典:IT用語辞典
アーリーアダプターとは
新たに現れた商品やサービス、ライフスタイルなどを、比較的早期に受け入れ、他へ大きな影響を与えるとされる、受容者の層のこと(出典:IT用語辞典
新潟ソーシャルメディアクラブとは
新潟ソーシャルメディアクラブは、新潟の「アーリーアダプタ」を中心に、ネットに感心を持つ人々がカジュアルに交流できる場(出典:ICHINOHE blog

ただでさえ難しそうに感じてしまうIT系用語。ちょっと容易ならざる感じがします。

が、なんのことはない、言い換えるとこういうこと。

ソーシャルメディアとは
最近ネットで流行ってるツイッターとかFacebookとか
アーリーアダプターとは
新しいもの好き
新潟ソーシャルメディアクラブとは
新潟の新しいもの好きを中心に、ネット好きが集まってワイワイやる場

「ソーシャルメディア」「アーリーアダプター」「新潟ソーシャルメディアクラブ」を端的に言うと、こういうことです。

アーリーアダプター=技術を駆使してる人、ではない

しかし、ウェブ系、ネット系のイベントというと、専門知識がないとついていけないような気がしてしまうもの。

確かに、参加者の中にはその筋に非常に詳しい方も多く、お話ししてて勉強になることもしばしばなんですが、そういう方も含めて、

「ソーシャルメディアを駆使して云々」というよりも、「それを使って楽しんでいる」

というのがNSMC最大の特徴なんではないかと。

かたっ苦しい雰囲気は皆無、そのうちソーシャルメディアなんてのはどっかに行ってしまってw、そりゃまぁワイワイと楽しく交流を繰り広げるイベントなんです。

その事例を挙げるとこんな感じ。

これだけ見ると、ネット系のイベントとは思えないユルさ。これがNSMCの魅力です。

イベントの雰囲気は過去のNSMCレポートをどうぞ

ということで、まだ参加されたことがない方が思ってるほど、お堅いイベントではないということがお分かりいただけたかと。

過去、どんな感じでイベントが行われたのか、私が参加した際のレポートがありますんで、ぜひこちらをご参考に。

まぁ酒飲んでる写真が多い多いw

で、私が「NSMCに行って良かった!」と思ったことをまとめたのがコチラ。


第10回イベントは5月19日(土)。これまで「興味はあるけど、ちょっと敷居高いなぁ…」なんて思ってた方は、ぜひ一度、試しに参加してみてはいかがでしょ。

実際のところ、ユルく楽しいだけじゃなくて、ネット関連の話題に興味がある人にはホント為になるイベント。とっても楽しいし「また次も出たい!」と思えるはずですよん♪