酒の飲み過ぎで目的地に辿りつけなくなるのを防ぐ方法を考えてみた

うかちゃん36歳、いい年こいてやってしまいました……こんにちわ。

えー、昨日のことなんですが、私、酒を飲んで新幹線に乗り、寝過ごしはしなかったものの、パッと目が冷めて慌てて降りたら、乗り換えるひとつ手前の駅だったとゆー失態を演じてしまいました。。

燕三条駅にて

目的地に辿りつけず、燕三条で一泊

新潟から長岡へ向かっていたんですが、降りたのは燕三条。

上の写真は燕三条駅に貼ってある巨大なポスター的なもの。これを見て燕三条だと気づいたんですが、こんなもん撮ってるとか、俺もなかなか余裕があるじゃねーの。

最終の新幹線だったもんで、そこから長岡へ迎えず、当然ながら柏崎には帰って来れず。いたしかたなく燕三条駅前のアパホテルに泊まりましたヨ……。

乗り過ごして駅周辺に何もない浦佐で降りちゃうよりは、ホテルがある燕三条で良かったよ♪……とか、そんなふうに考える心の余裕もなく、本日はただただ自分自身への嫌悪感に浸っておりました……。

手前の駅で降りちゃわないための対策

このままため息をついていてもアレなので、慌てて手前の駅で降りちゃわないよう、対策をいくつか考えてみました。

iPhoneのアラームをセットしておく

定番ですね。目的地到着時刻前にアラームをセットしておけば、慌てて外に飛び出したり、寝過ごしたりすることもなくなるでしょう。

寝るおそれがあるときは、席に座らず立ってる

これはまぁ乗車時間にもよりますが、新潟-長岡間は新幹線で20~30分。その間、席には座らず、デッキで立っていれば、今回のようなことも可能な限りなくすことはできようかと。

柏崎に戻ってから飲む

電車に乗る前はほどほどに、移動してから飲む!……ってまぁ飲み過ぎなきゃいいだけの話なのかもしれませんw

グルジア人と一緒になってウォッカ飲まない

行ったお店にたまたまグルジアの方がいらっしゃいまして、それと一緒になってスミノフのロックを立て続けに2杯。新幹線に乗ったとたんガクンときたのは絶対これのせいだわ……。

*

とゆーことで、今後はこういうことのないよう、適量を嗜むような大人を目指して頑張りたいと思います。はい。。。