父が亡くなりました

うかです、こんにちわ。

えー、身内の不幸をブログに書くのもなんだなぁと思ってたんですが、ま、人生のログということで残しておこうと思います。先日、父が亡くなりました。

父の葬儀

まぁ急な話でしたよ。

朝、倒れて意識不明との連絡があったんですが、そのときはなんとなく楽観的で、とりあえず会社に行ってから実家に行こうと出社したものの、それから間もなく、厳しい→亡くなった、と。

最初に連絡を受けてから1時間経たないうちに、ですからね。自分のことながらなんと言っていいやら。

その後、私が喪主ということで葬儀の段取りをし、諸々の手続きを行い、会社を一週間も休んだもんで、貯まったお仕事を片付け……と、まさに「バタバタしすぎて悲しむ余裕がない」という状況でありました。

さて、こういうときってのは良いことしか思い出さないと言いますが、私もまさにそうでして、小学校の頃、新潟からわざわざ後楽園球場(桑田がプロ初完封目前だったのに松本が落球した)と東京ドーム(斎藤が連続完投勝利日本新だったかな?)に連れて行ってもらったり、競馬場で一緒に予想したり、酒飲んでてんやわんやになったり、ホント、そういうことばかりが思い出されます。

実際、本気で怒られたことってあったかな?忘れた。あってもその程度。ホントいい父でしたヨ……。

ここ数年はあまり調子良さ気な日がなかった父でしたが、元気な頃は超気さくな方でして、遺影にする写真選びに困ったりも。(だって、酔っ払って変なポーズしてる写真しか出てこないんだもんw)

と、こんなことを書いていてようやく、亡くなったことに実感が持てるようになりまして、少々目が潤んでいるところであります。

結局親孝行的なことはできず終いでしたが、今後は残された母を気遣いつつ、これまで通り平穏に暮らしていければなと思っております。はい。