ワークデスクの組み立て方

ワークデスクを組み立てる

先の記事の冒頭の写真を見ればお分かりかと思うんですが、今回購入したワークデスクは自分で組み立てるタイプのもの。
娘1号の学習机を買ったときは、ほぼ出来上がった状態で届いたので、今回も同様のイメージでいたんですが、届いたのは大きなダンボール。うーむ。。。上手に組み立てられるかしらん?と不安を抱きつつ組み立ててみましたが、あっさり。楽に組み立てることができました^^


ワークデスクの部品

ダンボールから取り出したワークデスクの部品がこちら。

アルミでできたワークデスクの部品

天板、足となるフレームとブレ防止の金属棒、その他ネジ一式と、大きくはあるものの、数は多くありません。で、箱から取り出して思ったのが、「軽い!」ということ。
一見重そうに見えるフレームと金属棒は、それぞれアルミで出来ていてすっごく軽いんですヨ。そりゃまぁ天板は多少重いですが、これとれ「重っ!」というほどではなく、女性でも1人で組み立てられるはず。

ということで、ここからがワークデスクの組み立て本番です。

脚に保護材を取り付ける 天板にフレームを取り付ける

まず、脚となる部分にゴム製の保護材を取り付けたら、片方のフレームを天板にネジで固定します。

金属棒をフレームに固定 フレームと金属棒、取り付け完了

次に、フレームとフレームを結ぶ金属棒を取り付けます。

さらにもう片方のフレームをとりつけると、上右の写真のように、脚がガッチリと固定されます。

でも、このままだと横にグラついてしまうので、最後に金属棒をたすきがけにして取り付けます。

全ての部品、取り付け完了

これで、すべての部品を取り付け完了。
ひっくり返せばワークデスクの完成です♪

ワークデスク、完成

ワークデスクが組み立て終わるまで、所要時間は20分程度。

冒頭に書いたとおり、女性でも簡単に組み立てできると思いますし、そんなに長い時間もとりません。

でも、今回購入したワークデスクは、部品が非常に軽く作られていたので楽に組み立てできましたが、ウッドデスクなんかだと部品も大分重たくなってくると思うので、全ての机が組み立て楽々♪かというと、否。

組み立てまでやってくれるお店もあるようですし(当然有料だと思いますが)、組み立てが不安なら、購入前にショップに問い合わせてみるのがよろしいかと思います。