ハイバックチェアの組み立て方

ハイバックチェアの組み立て

ハイバックチェアよりも先に買ったワークデスクが、自分で組み立てるタイプのものだったので薄々分かってたんですが、やはりハイバックチェアも自分で組み立てるもので、右の写真のようにダンボールに入って送られてきました。


ハイバックチェアの部品

背もたれ、座面、脚、高さ調整可能な芯棒と両サイドの肘掛。

ワークデスクの部品と違って一つ一つが重いです。かといって1人で組み立てられない重さでもないんですが、すっごく重厚感を感じます。

というわけで、組み立て開始。

キャスター取り付け キャスター取り付け完了

まずは5本足それぞれにキャスターを取り付けます。穴にキャスターをグッと押し込むとバチンとハマる感じで、工具は必要ありません。

軸棒取り付け 軸棒取り付け完了

続いて、キャスターを付けた脚の部分をひっくり返して、昇降可能な軸棒を取り付けます。こちらもグッと力を入れてハメ込むだけ。最後にカバーを被せます。

座面に器具を取り付け 座面に器具を取り付け完了

今度は座面の裏側に、椅子の高さやリクライニングを調整するための器具をとりつけます。こちらは、同梱されていた六角レンチを使ってネジを締めていきます。器具がグラついたりしないよう、しっかりネジを締めます。

背もたれを取り付け 背もたれを取り付け完了

そして、座面に背もたれを取り付けます。こちらも後でグラグラしないよう、しっかりとネジを締めます。これ、ちょっと取り付けづらいんですが、左上の写真のように、背もたれを下にするとやりやすかったです。

肘掛を取り付けて完成

最後に座面両サイドに肘掛をしっかり固定して、ハイバックチェアの完成です。

ハイバックチェア

ワークデスクと比べると、ネジを強く締めなきゃいけない分、ハイバックチェアの方が手間がかかりましたが、ま、こんなものかなぁと。時間的にも30分あれば組み立てられます。

自分で組み立てるのは嫌!という場合、サンワダイレクトでは組み立てサービスをやってないようなので他を当たることになっちゃいますが、サンワダイレクトならなんてったってこの値段ですからね。

そんなに面倒なものではないので、自分で組み立てることをオススメします。