白熱灯の明かりは「あたたかい」

ハロゲンランプは「あたたかい」

照国電機さんからご提供いただいたスポットライト型照明をつけてみて、すぐに思ったのは「あたたかい」ということ。

スポットライト型照明「 MR719-SPECIAL04-PLUS」には50Wの白熱灯が同梱されていたんですが、その白熱灯、私は2つの「あたたかい」を感じました。


1つは「照明の色」。

オレンジがかった柔らかい明かりですっごく温かみがあります。試しに写真を撮ってみたのがこれ。

蛍光灯の明かり 白熱灯の明かり

左が蛍光灯、右が白熱灯の下で撮った写真なんですが、一目瞭然ですよね。蛍光灯が白っぽく冷たい感じがするのに対し、白熱灯は温かみのある色合いです。(露出0、F2.0、ホワイトバランス「曇り」で撮影)

この色合い、好き嫌いがあるとは思うんですが、デジカメで写真を撮る場合は、ホワイトバランスの設定を変えてあげるだけで蛍光灯的な色合いにもできるので問題はないかと。(しかも私、このオレンジっぽい色合いは嫌いじゃないし。)

(ホワイトバランスを「曇り」から「電球」に変えて撮った写真がこれ↓。蛍光灯は青っぽく、白熱灯は随分白っぽくなりました。。。って、やっぱ真上に照明があると明るさが違うな。うん。)

蛍光灯の明かり(2) 白熱灯の明かり(2)

で、もう1つの「あたたかい」は体感的なもの。
白熱灯を点けると、頭上になんとなく「温度」を感じるんですヨ。

ビールも飲んでるし気のせいかな?とも思ったんですが、先日、スポットライトを買われた和田さん@WADA-blogのレビューを読んでみたところ、こんなことが書いてありました。

家の照明を「スポットライト」にしてみた~メルクロス「SPOTSPOT400W」
普段は別に感じないのだが、照明に近づいて顔を電球のほうにむけると、普通に「熱」を感じるのだ。

同じだ!

白熱灯は「熱」から光を得るタイプの電球で、今回取り付けたものは「レフタイプ」と呼ばれる一方向に光を集中して照らすタイプのもの。それゆえ、光が直で当たってるところは温度を感じちゃうのかも。

私の場合、天井までの高さがあるせいか「なんとなく」程度なんですが、これから暑い季節を迎えたときに、果たしてこれがどう感じるか。

幸い、スポットライトには電球型の蛍光灯も取り付けられるようなので、妙に暖かさを感じるようなら蛍光灯に乗り換えちゃおうかなと思ったり。ま、その辺は様子を見ながら考えたいと思います。