スポットライトの向きを動かせる範囲(動画)

ダクトレールが曲がった

スポットライトの取り付けた際、天井の配線器具とダクトレールの接続器具の向きが微妙に合わず、壁に正対する形で取り付けることができませんでした。

ま、見た目はちょっとカッコ悪いんですけど、照明的には全く問題なし。スポットライトの向きを自由に動かすことができるからです。

1つ1つのライトの向きをどのくらい動かせるかというと、このくらい。

スポットライト角度

縦方向は真横から真下までの90度。横方向はグルッと1周させて360度弱動かすことができます。これだけ動かせれば、「どうしてもここに光が当たらない!」なんてこともなかろうかと^^

実際、スポットライトの向きを動かしてるのがコチラの動画です。

私、今はノートパソコンを使ってるので、ややデスクに近いところにライトを当ててるんですが、大型の液晶ディスプレイを使うと、今の位置ではまともに反射してしまいそう。

そうなると、ライトの向きを左右に振り分けたり、上に動かしたりと、微妙に調整しなきゃいけなくなるわけですが、上の動画のように広範囲で向きを動かすことができるので全く問題なし。

ってゆーか、普通の蛍光灯なら、画面に映りこみしちゃったりしても照明を動かすわけにはいかないので、ホント、スポットライトで良かったなーと思います。「向きを自由に動かせる」って、スポットライトのすごく大きなポイントですな。