ブログを更新するために書くんじゃない、書きたいから書くんだ

不定期更新ながら5~6年、なんだかんだでブログを書き続けている、うかです、こんにちわ。

今日は「ブログが続かない三大理由」の最後、「楽しくない」ということについて。何事もそうですが、楽しいと思えているうちは続けられるもの。それが「楽しくない」と思えてしまうのはなぜなんでしょう。

手段が目的化してしまう

楽しくない理由はいろいろあると思いますが、1つ挙げろと言われれば「書くことにストレスを感じてしまうから」ということではないかと。

犬も疲れる。
Photo by hazuijunpei

ブログを頑張ろう!という気持ちが「ブログを更新しなきゃ!」に変わり、その「更新しなきゃ」「記事書かなきゃ」という気持ちが自分を強迫、ついにはストレスに繋がってしまいます。また、「書かなきゃ」と思って書くときは、ほとんどの場合「記事を作る」状態に。

ブログを書くというのはあくまで自分の思ったことをアウトプットするための手段。「ブログを更新するために書く」というのは、目的を見失ってしまっている状態。ブログを書くことがお仕事的になり、ストレスを感じてしまっては、そりゃ楽しいはずがありません。

ブログを継続的に書くための努力は必要

しかし、いくらストレスを感じないようにと言っても、普段から何もしないでいいということではありません。

犬
Photo by Q_P_

「ブログ書かねば…」という状態にならないためには、日頃の準備=ネタ集めが重要。「どれを書こうか」という悩みは「何を書こうか」に比べてはるかに軽いです。

[う]忙しいはイイワケ!スキマ時間でブログを書け!
[う]ブログネタがないと感じるのは、ネタを直接記事にしようとするから

自分を束縛してしまうようなやり方はどうかと思いますが、ちょっとした時間にメモを取る、一捻り考えるといったことなら負担を書けずに実践できるはず。

ゼロから記事を書くのに比べて、あらかじめ準備ができている状態から書くのは時間も労力もストレスもかかりません

こうして更新を継続していった先には、「書いた記事に反応をもらえる」という最高の楽しさが待っています。

自然体で書きたいことを書くべし

以上、「ブログ書いても楽しくない」という状況を乗り切るための心の持ち方、ストレスを感じないための日頃の準備について書かせてもらいました。

犬
Photo by 三木貴幸

1日に十数件の記事をアップしている有名ブロガー・ネタフルのコグレさんはこう言ってます。

呼吸するようにブログを書く

努力はしつつ、記事を書くときはあくまで自然体で。そうして継続してブログを書いていけば、「ブログを書く」という行為が特別のものではなくなり、生活の一部になってきます。そうなれば、まさに呼吸をするようにブログを書けるようになるのではないでしょうか。

頑張ろうと思う気持ちは非常に大事ではありますが、「自然体で書く」「書きたいことを書く」という基本姿勢だけは忘れずにいたいものです。