Google Analyticsで参照元の記事URLを表示させる

私は、運営しているほとんどのサイトのアクセス解析にGoogle Analyticsを利用しています。無論、このブログもGoogle Analyticsで解析してるんですが、大変優秀なアクセス解析ツール・Google Analyticsでも分からないことがひとつ。
Google Analyticsって、参照元の「記事のURL」が分からないんですよね。


Google Analyticsでは「トラフィック⇒全ての参照元」で、自分のサイトにアクセスを送ってくれた「参照サイトのURL」を見ることができます。(それに加えてアクセス元の検索エンジンなんかも分かります。)

ま、これで十分っちゃー十分なんですが、ウチ程度のアクセスのブログですと、ポーンとアクセスが跳ね上がった際「どのページからリンクされたんだろ!?」ってのが結構気になります。リンク元でそれっぽく紹介されていればお礼の一言も伝えたいし、なんとかならんもんか…とググッて見つけたのがこちらの記事。

Google Analyticsで参照元の完全なURLを記録する
と、まぁ正直これだけでもいいような気もしますが、やっぱり「どのサイトのどのページにリンクが張られているか」とか、知りたかったりします。
というわけで、フィルタマネージャから、カスタムフィルタ機能を使ってみる。

参照サイトURLだけで十分なんだけど、やっぱ気になるしぃ…って、私と同じだ!なんてことに感動しつつ、早速コチラの記事に書いてあった内容でGoogle Analyticsのカスタムフィルタを設定してみました。

そして待つこと数時間。ちゃんと参照元(記事)の完全なURLを取得してくれるようになりました!

参照元にジャンプするときに、このURLをブラウザのURL欄にコピペしなきゃいけないのが面倒ではあるんですが、それまでは参照元自体が分からなかったわけですから、すっごい進歩です^^

で、実際に取得してみると分かるんですが、この方法ですと一般のウェブサイト以外にもYahoo!やGoogleの検索結果ページのURLも一緒に取得されてしまいます。

検索結果ページはいらない、一般サイトだけのリストが見たいよー、なんてときは、画面下部にある「ユーザー定義を検索」から「次の文字を含まない」を選択、テキストボックスに「search」と入れて実行すると、Yahoo!、Googleの検索結果ページは表示されなくなります。

まぁね、普通にサイト運営してる分には参照元の完全URLなんてことまで分からなくてもいいのかもしれないんですが、こーゆーブログの場合、外と新たなつながりを持てたり、リンクしてもらうってのが結構嬉しいんですよね。なので、参照元でどういう風に紹介されてるのかついつい気になっちゃう…という私は小市民ブロガーです♪