Yahoo!サイトエクスプローラー日本語版、リリース

本日5月14日、Yahoo!サイトエクスプローラー日本語版(β)がリリースされました。

やっとデタ。 Yahoo!検索 サイトエクスプローラー公開
本日5月14日、Yahoo!検索 サイトエクスプローラーをベータ版として公開しました。

Yahoo!サイトエクスプローラー

海外では既にリリースされていたYahoo!サイトエクスプローラーですが、これがようやく日本語に対応し、それが本日リリースされたとのこと。

で、Yahoo!サイトエクスプローラーとはなんなのか、Yahoo!検索スタッフブログから引用させていただきますと、

Yahoo!検索 サイトエクスプローラーは、Yahoo!検索が利用している検索エンジン(YST=Yahoo! Search Technology)にインデックスされているウェブページや、インデックスに関連する情報を、URLを手がかりに検索できるツールです。

とのこと。これまで「site:~」とか「link:~」といった感じで調べていた自分のサイトの情報を見ることができるのだそう。ま、情報を見るだけで終わってしまっては何の意味もないんですが、それ以外にもいろいろとできるよう。

  • URLやドメインを指定して、YSTのインデックスにあるウェブページを調べられます。
  • YSTにインデックスされているウェブページの最終クロール日や言語判定結果の確認ができます。
  • YSTに対してサイトマップ(URLフィード)を送信して、クロールのリクエストができます。
  • ウェブページやサイトにリンクしているページを調べられます。
  • トラッキング用のパラメーターのような、コンテンツに影響を与えないURL中のパラメータを非表示にしたり、パラメータに固定値を設定したりできます。
  • 広く認知してほしくない、検索結果からの誘導も望まないページや、インデックスされてしまったエラーページなどを、Yahoo!検索の結果で非表示にできます。
  • リンクファームの一部とされ、検索結果でペナルティを受けないためのスパム報告ができます。

以上はYahoo!検索スタッフブログから引用させていただいたYahoo!サイトエクスプローラーの機能なんですが、目玉はやはり「YSTに対してサイトマップ(URLフィード)を送信して、クロールのリクエストができます。」これでしょうね。

どうもYahoo!は、新しい記事がインデックスされるまで時間がかかるような気がしていたんですが、フィードを送信しクロールを呼び込むことでより早い時期にインデックスされるようになれば、サイト運営者として非常に嬉しいこと。

GoogleウェブマスターツールYahoo!サイトエクスプローラー。サイト運営者には必須のツールになりそうですね^^

と、ちょっとウキウキしてしまったんですが、さっきYahoo!で「うかブログ」と検索したら、トップページがヒットしませんでした^^;

特に何かしたわけではないのでしばらく放っておこうと思いますが、こーゆーワケの分からない順位の乱高下もなんとかしてもらいたいなー。