XAMPPでローカルにドメインを当てる方法とメモ帳を管理者権限で立ち上げる方法

パソコンを自作して以降、XAMPPを使ってパソコン内にローカルサーバーを立ち上げて、phpの動作確認やらMTのテンプレート作成やらをやってるんですが、覚えておくと便利なのが、「ローカルにドメインを当てる」ということ。

通常、ローカルファイルには「http://127.0.0.1/」とか「http://localhost/」というURLでアクセスするんですが、いくつかドメインを持ってる私、ローカルでもドメイン別にフォルダ分けしてファイル管理してるので、ローカルでもフォルダごとにドメイン(サブドメイン?)を当てられたら便利だなーと思っておりました。

で、ググって出てきたのがこちらのブログ記事。

[XAMPP]WinXPローカル環境で複数ドメイン管理
複数のサイトを制作・管理する場合、ローカル環境に複数のドメインがあったら便利だと常々思っていました。実際にやってみたところ、うまくいったのでその方法をご紹介します。

以下、この記事のパクリ(ryを参考にして実際にやってみたら成功したという内容をw記載。ちなみに、私の環境は、

  • Windows7 64bit
  • XAMPP for Windows 1.7.3

です。

httpd-vhosts.confのコピー→名前変更

XAMPPのファイルを編集する前に、ファイルをコピーしてバックアップを取っておきます。

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

xamppをインストールしたフォルダ内(ウチはcドライブ直下にインストールしたので上のパス)にある「httpd-vhosts.conf」というファイルを探し、これをコピーして「httpd-vhosts.conf-default」みたいな感じでリネーム。何かあったときに元に戻せるようにしておきます。

httpd-vhosts.confの編集

次に「httpd-vhosts.conf」をメモ帳で開き、「# NameVirtualHost *:80」と書いてある部分の最初の「#」を削除(コメントアウトを外す)、次の内容をその下に追記します。

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/hogehoge.com"
ServerName hogehoge.localhost
</VirtualHost>

<Directory "C:/xampp/htdocs/hogehoge.com">
order deny,allow
allow from ALL
</Directory>

hostsファイルの編集

最後に、Windowsフォルダ内にある「hosts」というファイルを探し、これを編集します。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

これを、管理者権限で立ち上げたメモ帳で開き、次の内容を記載します。

127.0.0.1  hogehoge.localhost

以上で、XAMPPのhtdocsフォルダ内に作った「hogehoge.com」というフォルダに置かれたファイルに「http://hogehoge.localhost」というURLでアクセスできるようになります。

メモ帳を管理者権限で立ち上げる

私がいつもド忘れしちゃうのが、hostsファイルを編集するためにメモ帳を管理者権限で立ち上げる方法。管理者権限でログインしてメモ帳を開くだけじゃダメなんですよね、これ。

メモ帳を管理者権限で立ち上げる

画面左下のウインドウズメニューから、「全てのプログラム→アクセサリ」を選択し、「メモ帳」のところで右クリック、出てきたメニューの中から「管理者として実行」をクリックします。

あとは、メモ帳の「ファイル→開く」から前記のhostsファイルを開けば、中身を編集することができます。

以上、備忘録ですが、こーゆーことができるということを知っておくと大変便利。複数のドメインを使っている方はお試しあれ。(ただし、自己責任でねっ)