[WordPress]プラグインを入れるだけでサムネイル付の関連記事リンクを表示してくれる「LinkWithin」

設定なしだから楽だねぇこりゃ、うかです、こんにちわ。

WordPressで関連記事を表示させるためのプラグイン・YARPP同時に入れた、これまた関連記事を表示させるためのプラグインがLinkWithinです。

WordPress

サムネイル付の関連記事リンクが記事下に自動的に表示されるLinkWithin。これを導入するまでの手順をまとめてみました。

LinkWithin 導入手順

LinkWithinへの登録

LinkWithin 登録.jpg

LinkWithin登録ページで「メールアドレス」「設置するブログのURL」「ブログのCMS」「表示する件数」を入力し、「Get Widget!」ボタンをクリックします。

LinkWithinプラグインの入手

LinkWithin ダウンロード.jpg

登録が終わると、LinkWithinプラグインをダウンロードできるページに遷移するので、上記画像のとおり「LinkWithin.zip」というリンクをクリックして、zipファイルをパソコンにダウンロードします。(zipファイルは解凍しません)

WordPressへのプラグイン追加

LinkWithin アップロード.jpg

WordPressのダッシュボードのメニューから、プラグイン→新規追加を選択すると、プラグインの検索フォームが表示されるんですが、そのフォームの上に「zip形式のプラグインをこちらのページからアップロードできます。」とあるので、そこに貼られたリンクをクリックします。

LinkWithin インストール.jpg

ファイルをアップロードするページに遷移するので、先にダウンロードしたLinkWithin.zipを選択して「いますぐインストール」ボタンをクリックすれば、プラグインの導入は完了。

最後に、LinkWithinプラグインを有効化すれば作業は完了。

記事を見てみると、既にサムネイル付関連記事リンクが表示されていることが分かると思います。

LinkWithinのカスタマイズ

非常に簡単に導入できるLinkWithinですが、ちょっと困ったことが2つ。

  • 「<?php the_content(); ?>」と書いた部分の最下部に自動的に表示されるため、好きな場所に表示させることができない。
  • リンクボックスの上の見出しが英語。

この2つの不具合(ってゆーか仕様)を改善するのに、次の記事が参考になります。

うかブログでは、プラグインから吐き出されるコードをコピーして、single.phpに直に貼り付けることで任意の場所に表示させ、見出しは上記記事を参考に、日本語にしました。


ということで、プラグインを入れるだけで自動的にサムネイル付の関連記事リンクを表示してくれるLinkWithinの導入方法とカスタマイズ方法をまとめてみました。

サムネイル付=目を引くので、ブログ内で遷移してくれる確率も高まりそうな予感です。