Instagramの写真を掲載するためのWordPressプラグイン…と思ったけどFlickrの方がよさげ

Instagramで時々すっごくいい写真が撮れてたまげることがある男、うかです、こんにちわ。

最近ではiPhoneだけでなくAndroid端末用のアプリもリリースされた写真投稿サービス・Instagramが、結構いい感じに加工できるので、これをブログにも掲載したいなーと思ったわけです。

WordPress

私はこことは別にデジカメブログをアップしてるんですが、これ、WordPressで作ってます。

WordPress=プラグインだよねーということでググってみたところ、アッサリ見つかりました、Instagramの写真をWordPressブログに投稿するプラグインが。

Instagrate to WordPressプラグイン

ひとつめは「Instagrate to WordPress」というプラグイン。結構有名なもののようで、NSMC(新潟ソーシャルメディアクラブ)の主宰・@shinyaiさんもこれを使っているようです。

上記記事でも触れられているように、「Instagrate to WordPress」はInstagramに投稿したものが、全てWordPress側に流れていくもののよう。(写真は自分のサーバーに保存されます)

どーでもいい写真を含め、Instagramには結構な数を投稿するので、それがブログに全て投稿されるのはちょっとウザい。それで「下書きで投稿可能」というのがポイントになるようです。

Instagram Embedプラグイン

が、私は下書き状態でもちょっと嫌だったので、別のものを探してみました。

それが「Instagram Embed」というプラグイン。これは、ショートコードの間にInstagram写真ページのURLを記載することで、ブログ記事を公開した際に写真が掲載されるというもの。

これなら、自分の好きな場所に写真を掲載できるし、全てがWordPressに流れてダッシュボードが荒れることもありません。そして手軽。

これはいいね!

ということで、2記事ほど書いてみたんですが、これ、プラグインに不具合が出ちゃうとコードだけが表示されるわけですよ。WordPressのバージョンが上がったときに「対応しませんっ」なんてこともありえるわけで、これはちょっとコワイ。

結局、Flickrにアップするのが適当なんじゃないか

2つのプラグインを見てみたところ、どうも一長一短ある感じ。

「Instagram Embed」は汎用性があるけどプラグインの不具合が怖い、「Instagrate to WordPress」は写真をサーバーにアップしてくれるのはいいけど全てWordPressに投稿されるのがウザい。

と、その辺を考えてみると、Instagram投稿時に、Flickrに一緒にアップしちゃうのが一番手っ取り早いんじゃないかと。

Instagram投稿画面

Instagramに投稿するとき、一緒にアップするソーシャルメディアを選択することができるんですが、そこにFlickrも含まれてますし、投稿時に忘れても、Flickrアプリでサクッとアップすることができます。

で、Instagramにアップしたとき、併せてブログも更新したいなーと思ってたもんで、ブログエディタ「するぷろ」と連携したBookmarkletがあるFlickrであれば、iPhoneからのブログアップもすっごい楽。


とゆーことで、なんだか一周回って元に戻ってきちゃった感じですが、Instagramにアップした写真によさげなのがあれば、Flickr→デジカメブログに投稿していこうと思います。はい。