WordPressのバックアップファイルをDropboxに保存するプラグイン「backWPup」

しばらくバックアップ取ってなかったYo!うかです、こんにちわ。

先日、レンタルサーバーの「ファーストサーバー」が、障害からメール、ウェブデータなんかを全部すっ飛ばすという事故を起こしまして、「これはウチも定期的にバックアップ取らねば!」と思い、プラグインを入れてみました。

WordPress

WordPressは、自動でバックアップを取ってくれるプラグインがいくつかあるのが便利なところ。ザッと探してみたところ、バックアップファイルをDropboxに保存してくれる「BackWPup」というプラグインが良さ気だったので、入れてみました。

「backWPup」の導入

左メニューの「プラグイン」から「新規追加」を選択し、「BackWPup」で検索します。

BackWPup(1)

すぐにBackWPupプラグインが見つかるので、「いますぐインストール」をクリックし「プラグインを有効化」すれば導入は完了です。

新しい設定を登録

BackWPupでは、複数のバックアップ設定を登録できるんですが、まずは1つ目の設定を登録します。(通常、1つ設定しておけば間に合うと思います)

BackWPup(2)

プラグインを追加すると、左メニューの下部にBackWPupメニューが追加されるので、その中から「Add New」を選択します。

「backWPup」の設定

名前の変更

まずは、バックアップ設定(job)の名前を付けます。当初は「New」となっているので、それを適当に変更。

BackWPup(3)

名前の下の部分はどのデータベーステーブルをバックアップするかという設定なので、基本的には全部チェックが入っている初期値のままにしておきます。

バックアップするファイルの設定

BackWPupプラグインは、データベース以外にも、追加したテーマやプラグイン、サーバーにアップした画像など「ファイル」もバックアップしてくれるので、何をバックアップするかを設定します。

BackWPup(4)

基本は「root」「Content」「Plugins」「Themes」「Blog Uploads」にチェックが入っている初期値のままでOK。「Exclude」と書かれた枠線の中は、チェックを入れると「バックアップしないもの」を選択することになります。

私は、キャッシュファイルをバックアップから外すために「cache」にチェックを入れました。(チェック入れずにバックアップしたらエラーが出たので、キャッシュ系のプラグインを使ってる方は、チェックしてバックアップ対象から外しておいた方がいいかもしれません)

バックアップする頻度を設定

続いて、右側にあるメニューに移ります。

BackWPup(5)

BackWPupは、バックアップする頻度を設定することができます。月1回、週1回、毎日、曜日、時間など、細かく設定することができるんですが、私は「daily(毎日)」を選択して、その他の部分は初期値のまま(3時)にしておきました。

これで、毎日午前3時に、自動的にバックアップを取ることができます。

【追記】「Activate scheduling」にチェックを入れないと自動バックアップできませんのでご注意を。

バックアップファイルの接頭語、形式を設定

バックアップした圧縮ファイルの接頭語と圧縮形式を設定します。

BackWPup(6)

File Prefixと書かれた欄に、適当なファイルの接頭語を入力。私は「ukablog_」としておきました。次に、File Formartの中から、好みの圧縮形式を選択。私は圧縮率を考慮して、Tar GZipを選択しました。

Preview欄に、バックアップしたファイルがどういう名称で保存されるのか表示されるので、確認してください。

Dropboxとの連携

設定画面の中程にある「Backup to Dropbox」という欄で、、Dropboxと連携させるための設定を行います。

BackWPup(7)

まず「Folder」欄で、Dropboxのどのフォルダに保存するか設定します。私はDropbox直下に「backup」というフォルダを作り、さらにその中に「ukablog」というフォルダを作って、そこに保存することにしました。

次に「Max backup files in Dropbox folder」欄で、バックアップファイルをいくつ保存しておくか設定します。私は3日前までのファイル=3つのファイルを保存するようにしました。(4つ目以降は、古いバックアップファイルを上書き、最終的に3つのファイルが残るようになります。)

フォルダ、ファイルの個数の入力が終わったら、「Authenticate!」ボタンをクリックします。

BackWPup(8)

すると、BackWPupがDropboxに接続するための許可を求める画面に移るので、「許可」のボタンをクリック。再度設定画面に遷移するので、「Backup to Dropbox」の「Login」欄に「Authernticated!」と表示されていればOKです。

最後に、設定画面の一番上に戻り、右側にある「Save Changes」ボタンをクリックすれば、設定が保存されます。

手動バックアップ

以上の設定が終わったら、手動でバックアップを取ってみます。

BackWPup(9)

左メニューの「BackWPup」から「Jobs」を選択します。

BackWPup(10)

先ほど設定したJobがあるので、その名前付近にマウスカーソルを合わせると表示されるメニューの中から「Run Now」をクリック。

BackWPup(11)

すると、こんな感じでログが表示され、バックアップが開始されます。ログの下にインジケーターがあるので、これが上下とも100%になれば、バックアップ完了です。(少々時間がかかります)

Dropboxを見てみると、

BackWPup(12)

ちゃんとバックアップファイルが保存されてます。で、しばらくすると、

BackWPup(13)

データが同期されて、自分のパソコンにもバックアップファイルが保存されます。

Dropboxでバックアップ分の容量を確保するために

と、以上のように、1度設定すれば自動的にDropbox→自分のパソコンにバックアップファイルが保存される非常に便利な「BackWPupプラグイン」のご紹介でした。

ただ1点、気をつけなきゃいけないのがDropboxの容量。

普通にDropboxに登録すると、その容量は2GB。で、今回バックアップしたこのブログのデータ量が約70MB。これを3つ保存すると、210MBと、初期容量の約10%を占めてしまうことになります。

が、これからDropboxを使ってみようという方は、下のリンクから登録すると、あなたと私に500MBが増量されます。

「私に」というところに引っかかる方もいると思いますがw、このリンクを介さずに普通にDropboxに登録したら+500MBはもらえないわけでして、損することはありません。

既に登録済みの方はアレですが、これからDropboxを使ってみよう、そこにバックアップを取ってみようという方は、ぜひ上のリンクから登録していただいて、バックアップ分の容量を確保してくださいませー。


【追記】
ウェブを作ってる方は、ローカルファイルの保存先をDropboxにしても便利です☆